当サイトでは自動車保険に付いての基礎知識とおすすめの保険会社を紹介します。

いざという時の助けになる!自動車保険の比較サイト

いざという時の助けになる!自動車保険の比較サイト TOP

自動車保険には任意保険というものがあります。任意に加入する事で補償を受けられるものです。
自動車を所有すると自賠責保険への加入は義務付けられていますが、自賠責保険だけで万が一の際の補償は十分ではないということで多くの方が任意保険に加入しています。

そして、任意保険も幾つかの種類に分けられます。
任意保険の種類には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、車両保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、そして無保険車傷害保険などがあります。
このうち、対人賠償保険は、保険金の額が高くなるため、事故を起こし、相手が死亡してしまったり、重度の後遺障害が残ってしまった場合に、自賠責保険の保険金では不十分であるため、こちらの保険で賠償します。

対物賠償保険は、相手の車を損壊した場合、お店に車が突っ込んでお店を壊してしまった場合に補償されます。こういった補償は自賠責保険では対象外となっています。

自損事故保険とは、ハンドル操作を誤ったことで運転手が死亡してしまった時など、単独事故の場合の補償のことです。また、事故で大怪我をした場合にも保険金は支払われます。

搭乗者傷害保険は、車に乗っている方が事故によりけがをした場合に保険金を支払ってもらえます。

車両保険は事故で自分や相手の車を壊してしまった場合に保険金が支払われます。

人身傷害補償保険は、事故に遭い、怪我をしたり、後遺症が残ってしまったり、万一死亡した場合、加入者の過失の有無に関係なく保険金を支払います。

最後の無保険車障害保険とは、事故の相手が任意保険に加入していない場合に保障が受けられる保険のことです。


どの保険に加入すべきか

車両保険は補償内容により、「一般車両保険」、「車対車+A」、「エコノミー」の3種類に分けることができ、保険料の金額も異なってきます。そのため、どの車両保険に加入したらよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。


自動車保険に初めて加入する方は、運転免許を取得して間もない方がほとんどでしょう。運転経験が浅いと、車を擦ったり、車庫入れ時に塀にぶつけたりしがちです。
そのため、運転歴が浅い方は自損事故を補償する一般車両保険に加入することをおすすめします。

また運転歴が長くても、人気の車種や高級車に乗っていると、車に悪戯されることがあります。そのため、車を所有しているのであれば、不測の事態に備えておきたいものです。一般車両保険でも良いのですが、「車対車+A」でも、悪戯や落書きなどが原因のクルマの損害に対して補償が受けられます。それなりに良い車に乗っているのであれば、車対車+Aの車両保険に入ることをお勧めします。

自動車保険は毎年見直しが行われる保険であるため、このまま一般車両保険に加入し続けることはありませんし、一度エコノミーに加入したから、この先ずっとエコノミーに加入し続けなければならないということもありません。毎年自分の運転状況に合わせて、車両保険の補償内容を見直すことをおすすめします。
 


自動車を運転するなら自動車保険の加入は必須

私は自動車を2台所有しており、当然、自動車保険には加入しています。

日頃から安全運転を心掛けていても、いつ事故に遭うかわからないので、自動車保険に加入することで万が一に備えています。

最近は自動車保険に加入しない人も多いそうですね。
自動車保険に未加入の方が事故を起こして、自分の車を損壊するだけならいいのですが、他人を巻き込んだ場合、大変なことになります。
実際に、もらい事故の際に、相手方が自動車保険に加入していないため、賠償金を支払ってもらえないというケースもあるようです。

被害者に対して十分な損害賠償が出来るのであれば、自動車保険に加入しなくても問題ありませんが、実際にそのような方はいないのではないかと思います。
自動車を運転するのであれば自動車保険への加入は最低限のルールだと思っています。

私は、自動車保険に加入するにあたっては、インターネットで保険会社に見積もりを出してもらい、安くて補償内容が充実しているところに決めました。最近はインターネットで簡単に見積もりを取れるようになったので便利ですね。

そして、毎年、自動車保険の見積もりを取ってもらって比較をして、できるだけ保険料を抑えるようにしています。
このサイトでは、自動車保険に新規加入したいという方、または、他にもっと良い保険がないか探している方を対象に、自動車保険に関する知識やおすすめの保険会社について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
 


Topページへ